「フェルメール 光の王国展」に行ってきました

フェルメール・センター銀座で開催中の「フェルメール 光の王国展」に行ってきました。

「フェルメール 光の王国展」

「フェルメール 光の王国展」は、フェルメール・センター銀座で開催されている展覧会です。この展覧会では、現存するフェルメールの絵画全37作品のリ・クリエイト作品が展示されています。

リ・クリエイトとは

この展覧会で展示されているのは本物ではありません。「リ・クリエイト作品」と呼ばれる精巧な模造品です。リ・クリエイトの意味について、公式サイトでは「作家の世界観・生命観を最新のデジタル画像技術によって翻訳した新たな創作物である」と説明されています。実際に観たリ・クリエイト作品は、たしかによくできていると思いました。さすがに本物でないことはわかりましたが、安っぽさがなくて、単なるコピーではない、絵を見ている気分にさせてくれました。

フェルメールの全作品をゆっくり、じっくり鑑賞できる

フェルメールの全作品をまとめて鑑賞できることがすごくよかったです。作品が時系列に並んでいるので、時とともにタッチがどんなふうに変化していったかがわかります。また、フロア内は自由に行きつ戻りつできるので、ひととおり鑑賞した後は気に入った作品同士を見較べながらゆっくり過ごすことができました。

実は「フェルメール 光の王国展」の前に、bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「フェルメールからのラブレター展」にも行ってきました。「フェルメールからのラブレター展」では、複製品ではない本物のフェルメール作品3作が展示されています。しかし、それはもう大混雑であまり落ち着いて絵を見ることができませんでした。そちらと較べると「フェルメール 光の王国展」は入場者が少なかったです。周りを気にせずゆっくり、じっくり鑑賞できて、満足しました。

撮影が自由だった

会場は、フラッシュを炊かない限り写真の撮影が自由でした。展示しているものが本物ではないからなのだと思いますが新鮮でした。せっかくなので何枚か写真を撮ってきました。

フェルメールの絵について

よかったです。好きです。フェルメールの作品は色味が透きとおっていて、キラキラしているんだなぁと思いました。やわらかい光の白、深い青、ガラスや金属の光沢など。宝石を見ているような印象を受けました。

リンク

アクセス情報など開催概要は以下の公式サイトをご覧ください。行って損のない展覧会だと思います。