Rails勉強会@東京 第83回に参加しました

平成25年5月26日(日)開催のRails勉強会@東京 第83回に参加してきました。開催場所は、神保町の万葉さん会議室。時間は13:00〜17:00。僕は今回初参加です。今回は、僕を含めて初参加&初心者が非常に多い会だったようです。

やったこと

今回のテーマは以下3点でした。

  • 初心者セッション
  • Integrationテスト(turnip)
  • railsのバージョンアップの歴史

初心者セッション

rails newして作成されたディレクトリ、ファイルを確認。scaffoldを実行して結果を確認。そこから機能追加。テーブルを追加して、モデルの関連を定義して。と、一連の流れを確認。

まずはRails GuideGetting Started with Railsを読む!

Integrationテスト(turnip)

受け入れテストの自動化を目指す取り組み。BDDで仕様テストのツールとして有名なのはCucumeberだけれど、今回はturnipを使う。turnip + rspec-rails + capybaraのテスト環境構築。turnipは、Cucumberと同じGherkinでfeatureを記述できる。日本語で記述したfeatureは受入テストの納品物として使える、かも。ブラウザテストにはpoltergeistを使用。スクリーンショット取得が便利。

railsのバージョンアップの歴史

railsのバージョンアップの歴史を追いつつ、各バージョンでの主なコンセプト、変更点を確認。「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発」の表紙絵の変遷の意味が裏話っぽくてちょっと嬉しかった。

今回は初心者が多かったとのことで、初心者セッションやバージョンアップの歴史などがテーマになったこともあり、まさに初心者の自分として取っ付きやすくて助かりました。逆にベテランの方々には物足りなかったりもしたのかも?と少し恐縮です。懲りることなく参加していこうと思いますので、なにとぞよろしくお願いします。参加者の方々ありがとうございました。