iMacのディスプレイをスリープするショートカットキー

年末年始のお休み中に自宅で映画を観たい。ということで、Apple TVを購入しました。

Apple TVのセットアップを首尾よく完了し、部屋の照明を落として、iTunesに登録した映画を再生、そしてAir Playを実行、大画面で映画が始まる。しかし、大画面の隣で煌々と存在感を放つiMacのディスプレイ…。 そんな経験ありませんか?僕はこの大晦日に経験しました。

iMacのディスプレイをスリープするショートカット

MacBookの場合、輝度調整のボタンで輝度を最低まで下げると、ディスプレイが真っ暗になります。でも、iMacの場合は輝度を最低まで下げても、少し暗くなるだけで真っ暗にはなりません。 そんなわけで、どうしたものかといろいろ調べたところ、見つけました。 「Ctrl+Shift+▲(取り出しボタン)」 これでiMacのディスプレイをスリープさせることができます。 このショートカットを使うと、たとえば、iMacの作業を中断して、少し席を離れる際にもささっと画面をスリープさせることができます。セキュリティ的にも望ましいし、ちょっとした節電にもなります。なかなか有用なショートカットではないかと思います。

ちなみに大晦日に見た映画はこちら。ミュージカル「エリザベート」の2005年ウィーン・キャスト、DVDコレクターズ・エディション。ルイジ・ルキーニ役のセルカン・カヤが熱い。一度で良いからこの人のルキーニを生で観たいなぁ。