Google Cloud Platformの第一印象

Google Cloud Platformの第一印象

「Software Design 2019年9月号」の第1特集「気になるとこだけまとめて知りたい Google Cloud Platform」、第1章「Google Cloud Platformとは」を読みました。AWS経験あり、Google Cloud Platform完全初心者の目線でGCPの第一印象をまとめます。

この記事は初心者がただただ印象を語るものです。内容は全く不正確、見当違いの可能性がありますので注意してください。

独自技術

Google独自の技術を多数使っていることが強調されていました。Titan、Borg(Kubernetesのオリジナル)。それから機械学習ライブラリのTensorFlowもGoogle製。

標準プロダクト

  • Compute Engine
  • App Engine
  • Google Kubernetes Engine
  • Cloud Bigtable
  • Cloud Spanner
  • BigQuery

EC2、Elastic Beanstalk、EKS、DynamoDB、Aurora、Redshiftかな。

地理的特徴

  • ゾーンリソース
  • リージョンリソース
  • マルチリージョンリソース
  • グローバルリソース

だいたいわかる気がしますが、マルチリージョンリソースとは何でしょうか。

VPCはグローバルリソース

AWSのVPCはリージョナルリソースだと思いますが、これはAWSとの違うところかも。

Google Cloud AIプロダクト

いわゆるAI系のサービスが綺麗に整理されている。

プロジェクト

GCPでは「プロジェクト」という単位でリソースが管理されるとのこと。AWSならアカウントを分けたり、タグで管理するところでしょうか。

アカウント

  • Googleアカウント
  • サービスアカウント
  • Googleグループ

サービスアカウントはロールに近い印象を受けました。

操作方法

Cloud Shellは、AWSのマネジメントコンソールにも欲しい。

全体的に綺麗に整理されている印象を受けました。ただの印象以外の意味はありませんが何だかPythonっぽいと思いました。

ソフトウェアデザイン 2019年9月号
脇阪 洋平 富永 裕貴 大薮 勇輝 野呂 浩良 大澤 文孝 上野 貴史 貞光 九月 安藤 幸央 結城 浩 武内 覚 宮原 徹 平林 純 坂井 恵 齊藤 秀喜 くつなりょうすけ 高橋 憲一 中島 明日香 石山 将来 職業「戸倉彩」 樽石 将人 上田 隆一 田代 勝也 中村 壮一 山田 泰宏 eban mattn 小飼 弾 青田 直大 あわしろいくや 中島 雅弘 kanata 鎌田 篤慎 古守 花織 杉山 貴章
技術評論社 (2019-08-17)