ブログの運用方法をHugo / S3 + CloudFront + Route 53に変更しました

ブログの運用方法をHugo / S3 + CloudFront + Route 53の構成に変更しました。ジェネレータをOctopressからHugoに変更し、ホスティングをAWSで固めた形になります。

Hugo

Octopressの環境を維持することが面倒になってきて以前から他のツールへ乗り換えたいと思っていました。golangに馴染みが出てきたこともあってHugoへ乗り換えることにしました。

Octopressに対して感じていた不満はHugoに乗り換えたことでほぼ解消できました。まず環境構築が楽。HomebrewでHugoをインストールするだけでOKです。Octopressの時は仮想マシンで環境を管理していましたがHugoはプラグインの管理をあまり考えなくて良いのでホストマシンへ直接インストールすることにしました。ジェネレートの動作は評判通りに高速です。

HugoのテーマはHermitを使用しています。そのままではシンプルすぎたり日本語が読みづらかったりしたのでそれなりに手を入れました。

AWS

AWS認定資格を取得するなど多少AWSのことが分かってきたためAWSで遊ぼうと思ってAWSどっぷり構成にしました。Github Pagesと比べてバックの仕組みがある程度分かってコントロールできる部分が多いので触りがいがあります。コストに気をつける必要がありますがそれも含めて勉強かなと思っています。

S3 + CloudFront

Hugoで生成した静的サイトをS3にホスティングしてCloudFrontを通してHTTPS配信するスタンダートな構成です。

Route 53

Route 53で新しくsucci0303.comドメインを取得しました。

過去記事の移行とデプロイ

過去記事の移行はほぼ記事のファイルをコピーするだけでいけました。タグの形式を変更する必要がありpython-frontmatterライブラリを使ってスクリプトを書いて変換をかけました。

デプロイはGithubのプライベートリポジトリにソースコードをホストしてmasterブランチへのcommitをトリガーにwerckerでビルドからS3へのデプロイまでやっています。