Math

「プログラマ脳を鍛える数学パズル」を読んだ

「プログラマ脳を鍛える数学パズル」を読み、70問を全てやりきった。 今年の1月中旬から取り組み始めたので、最後まで終えるのに都合3ヶ月かかった。 やりきったと言っても自力で解けた問題はほぼ無いと言ってよく、解答のコードを書き写しては何故そうなるのかを考えるばかりだった。 今後同じ問題に出会ったら自力で解け

「浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ」を読んだ

「浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ」を読んだ。 安定して面白い。もうそろそろシリーズを追うのも終わりかなぁと思いながら読み始めたけれど、結局一気に読み終えてしまった。 今回のネタは、負数の掛け算、ケプラー予想、ペアノの定理など。 あとがきにて、著者がとある中学校から「おもしろ数学講座」の講

「浜村渚の計算ノート3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学」の感想

青柳碧人「浜村渚の計算ノート3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学」(講談社文庫)を読みました。 {% amazon text 4062772515 %} {% amazon medium_image 4062772515 %} 浜村渚の計算ノートのあらすじ 政府の教育刷新において「物事を数値化し、数理現象・物理現象など事実だけを重んじる科目は、心を尊重し他人をいつくしむ人間性を否定しうる」という理由で、義務教育から

浜村渚の計算ノート2さつめ ふしぎの国の期末テスト

青柳碧人「浜村渚の計算ノート2さつめ ふしぎの国の期末テスト」(講談社文庫)を読みました。浜村渚の計算ノートシリーズ文庫化の2冊目です。 {% amazon text 4062771225 %} {% amazon medium_image 4062771225 %} あらすじ。「物事を数値化し、数理現象・物理現象など事実だけを重んじる科目は、心を尊重し他人をいつくしむ人間性を否定しうる」という理由から、理科系科