Tdd

"The Cucumber Book, 2nd Edition"を読んだ

“The Cucumber Book, 2nd Edition”を読んだ。 ビヘイビア駆動開発のためのテストツール、cucumberの解説書である。 私が初めて読み通した英語の書籍が、確かこの本の1st Editionだったと思う。1st Edtionと2nd Editionの違いは、各種ツールの最新版(cucumber 2.4、Rail

"The Way of the Web Tester"を読んだ

“The Way of The Web Tester”を読んだ。 「初めての自動テスト」というタイトルで日本語訳が出版されている。 ウェブシステムを対象とした自動テストの入門書である。 前半では、自動テストをUIテスト、インテグレーションテスト、ユニットテスト(テストピラミッドと呼ぶ)に分類し、それぞれのテストの概要と実践方法が

CucumberとCapybaraでシナリオ失敗時にスクリーンショットを撮る

Cucumber + Capybaraの環境で、CucumberのシナリオがFailした時にスクリーンショットを取る方法です。 スクリーンショット取得の設定方法 「features/support」ディレクトリ配下に以下の内容でファイルを作成する。 ```ruby features/support/screenshot.rb After(‘@javascript’) do |scenario| if scenario.fialed? page.driver.browser.save_screenshot(“html-report/#{scenario.id}.png”) embed(“#{scenario.id}.png”, “image/png”, “SCREENSHOT”) end end 「html-report」ディレクトリを作成して

SimpleCovでCucumberのテストカバレッジを取得する

Cucumberによる受入テストでテストカバレッジを取得するには「SimpleCov」を使うと良い。 colszowka/simplecov SimpleCovのインストール まず「SimpleCov」のgemをインストールする $ gem install simplecov またはGemfileを書いて、 # Gemfile gem 'simplecov', :require => false, :group => :test インストールを実行する。 $ bundle install CucumberでSimp